安全なFX会社比較

FXのリスクについて

FXとは外国為替保証金取引であり、あらかじめ差入れた証拠金の何倍もの金額の外国為替を売買する取引です。取引の証拠金の額は実際の取引金額に比べて小さいため、相対的に大きなポジションを取れば小さな市場の動きでも口座残高は大きく変動し大きな損失を被る可能性もあります。したがって、FX取引は元本及び利益が保証されたものではありません。FX取引に伴うリスクを下記に記載しましたので、どんなリスクが起こりうるのかFX取引を行う前に必ず確認しておきましょう。

為替変動リスク

FXは、為替レートの変動により損失を被ることがあります。その変動が保有ポジションと不利な方向に進んだ場合には、保証金以上の損失が出て、多額の損失となる場合もあります。

金利変動リスク

金利の高い方を買いポジションで持っているときには、金利差(スワップポイ ント)を日々受取ることができます。金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を 買った時(金利の高い通貨を売った時)には、金利差を払うことになります。

信用リスク

万が一、FX取引会社が倒産したとき、その会社が完全な信託保全がなされていないFX会社だった場合、預けた保証金の一部または全額が返還されないこともあります。現在は法律改正により、顧客から預かった資金について、自社の資本とは別に分別保管することが義務づけられています。

流動性リスク

売りたいとときに売れないリスクのことを流動性リスクといいます。エマージング市場や経済状況の急激な変化など、市場の需給関係が悪化した場合に注意が必要です。

カントリーリスク

外国為替の取引であるFXは、発行体の政治・経済・社会情勢の悪化によって、為替予約の実行ができなくなるなど取引に悪影響や支障をきたす可能性があります。

レバレッジリスク

FX取引では、少ない証拠金で多額の外貨取引が行えるレバレッジ効果のある取引を行なえます。そのため、投資家の方にとっては、多大な利益を得る可能性があると同様に多大な損失を被る危険性があります。急激な相場の変動によっては損失額が、預託されている保証金額を上回る可能性もあります。この場合、未清算額をお支払いいただくことになります。

システムリスク

FX会社との取引きに使うシステムなどにトラブルが発生し、売買の注文が一時的にできなくなり、その間に損失が膨らむリスクです。

現在、FXの取引は、インターネットを利用し、パソコンを使ってのオンライントレードが主流になっています。予期しない事態によってシステムの不都合がないとはいえません。また、自分が使っているパソコンの調子がおかしくなったり、通信回線がなんらかの事情でつながりにくくなったりすることも考えられます。