安全なFX会社比較

リスクコントロールの方法

どんな投資でも安定的な収益を上げるには、リスクコントロールの方法を賢く身につけることが大切です。外国為替証拠金取引の特徴でもあるレバレッジや注文機能等を上手に使ってリスクコントロールすることが重要なポイントといえます。その特徴を活かせるFXは、他の金融商品に比べてリスクコントロールにおいて大きなメリットがあるといえるでしょう。

レバレッジを調整してリスクコントロール

外国為替証拠金取引はレバレッジの仕組みさえ分かれば、証拠金と取引数量を調整することのできる極めて自由度の高い金融商品です。FX会社によっては、外貨預金と同等のリスク・リターンのレバレッジ1倍の取引から、ハイリスクハイリターンのレバレッジ数百倍の取引までが可能なところもあります。

相場変動に対して、リスクをなるべく軽減したいのであれば、レバレッジを低めに設定し、逆にリスクを十分に理解した上で、積極的に多くの売買収益を狙うのであればレバレッジを高めに設定することで可能となります。

例えば、1ドル=100円の時、米ドル/円を1万ドルを買った場合を想定してみましょう。以下の図のように同じ1万ドルを売買するのでも、レバレッジ25倍では、元手資金である証拠金は1万円で済むのに対して、レバレッジ1倍では100万円となります。

同じ1万ドルの取引を行うわけですから、取引によって発生する売買損益はレバレッジ1倍でも25倍でも同じになりますので、レバレッジを大きいほど投資資金に対しての損失リスクは高まっていきます。

すなわち、レバレッジの調整をすれば、ポジションの長期運用も容易になるということです。

注文機能を使ってリスクコントロール

【指値】
「○○円で買う」「○○円で売る」というように、買いたい値段・売りたい値段を指定することを言います。

【逆指値】
「○○円まで円高になったら売る」「○○円まで円安になったら買う」と基本的に自身で決めた損切り(ロスカット)ポイントを指定する時に使用します。

【IFD】
「○○円で買う」という注文が成立したら「○○円で売る」というが注文が発注される注文方法。予め2つの注文を出しておく事ができるので忙しい方にも便利。

ロスカットとマージンコール

リスクをコントロールする代表的な仕組みとして、「マージンコール」、「ロスカット」などがあります。

【ロスカット】
評価損が一定の割合になると通知してくれるアラーム機能のこと。

【マージンコール】
評価損が証拠金の一定割合になると、自動的に決済するルール。これによって証拠金以上の損失を防ぐことができます。

あらかじめリスクコントロール体制が整ったFX会社を選ぶ

最近では「マージンコール」や「ロスカット」のルールを採用し、徹底したリスク管理体制を整えているFX会社がほとんどです。「レバレッジ」や「マージンコール」、「ロスカット」の比率、注文機能には各FX会社によって差があります。よく比較しご自分の投資スタイルに適したFX会社を選びましょう。