安全なFX会社比較

安心で安全なFX会社の選び方

当サイトで紹介しているFX会社は信頼できる業者を厳選していますので安心です。それでもなお、FX会社の安全性について見比べてみたい方は、各社の財務体質を見比べてみましょう。このページでは、安全なFX会社の選び方のコツを何点か紹介します。

信託保全で見る

FX会社を選ぶ際には、自分の資産がどのように保全されるかを良くチェックした上で決めることが大切です。

ポイントとしては、金融商品取引業者、あるいは金融先物取引業協会に加入している登録業者であることは当然のこと、信託保全を導入していることです。信託保全とは顧客の資金を信託銀行に信託する事で、取引会社に倒産などの万が一の事があっても、信託銀行から信託管理人を通じてお客様に資金が返却されるというものです。信託保全は各金融機関に義務づけられていますが、中には100%分別保管していない業者もありますのでFX会社を選ぶ際には、100%信託保全されている業者を選ぶことが必要です。

自己資本比率を見る

自己資本規制比率とは、金融商品取引業者の健全性を測る重要な財務の指標のことで、平たくいうと会社の安全度を示す数値のことです。

その数値をどのように見るかなのですが、金融商品取引法では、120%を上回るように義務付けられているため、自己資本規制比率の数値が120%以上でどれくらい上回っているかを確認しておきましょう。

具体的には、
140%を下回ると金融庁への届け出が必要になる。
120%を下回ると、新規に口座開設をしてはいけない。
100%を下回ると、3ヶ月以下の営業停止もしくは、登録取消し。
という処置がとられ、数値が低ければ最悪、倒産になってお金が返ってこないという可能性もあります。

数値が高いほど安全性が高いFX会社であるといえるでしょう。

安全性でFX会社を比較

上記のようにFX会社の資産管理について知っておくことは、万が一のときに備える意味でもそれらが安全な水準にあるFX会社を選ぶのがポイントです。信託保全や自己資本比率などの安全性の面からFX会社を探したい方はぜひ『安全性でFX会社を比較』ページをご覧ください。各社の資産管理方法や資本金・上場/非上場などの現状を一覧比較できます。>>安全性でFX会社を比較