安全なFX会社比較

FX取引の具体的な方法とは?

外国為替証拠金取引(FX)の最大ポイントは、自分の投資スタイルを確立し、FX取引の具体的な方法として実践することです。ここではの代表的な投資手法を紹介します。

スワップを狙って長期投資

低金利の外貨を売り、高金利の通貨を買うことによって発生する金利差益であるスワップ金利を得ることを目標にするのが中・長期投資のスワップトレードです。例えば、低金利政策をとっている日本の円と海外通貨との間には金利差が発生します。その金利差の分を毎日もらえるのが長期投資の大きなメリットになるのです。

スワップ金利を狙って中長期投資をするのは外貨預金の感覚に似たトレード手法といえます。腰をすえてじっくり利益を狙う投資スタイルです。

通貨を分散して運用

2種類以上の通貨を同時に保有することで急激な相場変動にも大きな損失を被らないようにリスクをあらかじめ分散しようという方法です。通貨分散することによってあらかじめリスクを分散してしまおうということです。

例えば米ドルを買った時の通貨分散の具体例として、米ドルの反対の値動きをする傾向のあるユーロも買い、同時保有します。ドルが下落しても相関関係の薄いユーロが上昇すれば損失は限定されるのです。

スイングトレード

数日間で売買を完結してしまう短期売買のトレード方法のことをいいます。投資家によっては、デイトレードよりは長い期間、スワップ長期投資よりは短い期間でのトレードを行う手法になります。

デイトレード

デイトレードは、一日の内に売買を完結させてしまう取引のことをいいます。短時間で利益が生み出せ、暴落などの緊急時にも大きな損失を防げるというメリットがあります。頻繁に取引をこなしますので売買の回数だけ手数料などの取引コストがかさむことになります。

ここでいう取引コストは、取引手数料とスプレッドの合計のことです。取引業者によっては数ポイントから十数ポイントぐらいの差があります。1万通貨を売買すると数百円から数千円の費用となりますので、デイトレーダーにとっては、取引手数料が安くスプレッドの幅が狭いFX会社を選ぶことが必須条件です。

スキャルピング

スキャルピング(Scalping)は、デイトレードの手法でわずかな利幅狙って短い時間で売買を繰り返すことをいいます。数十秒から数分で、わずかな利幅取りを繰り返し、細かな利益を積み上げていきます。

一瞬の値動きを狙って長くても数分しか保有しません。少ない値幅でも満足のいく利益を上げることができるように、レバレッジは高めに設定し、利益確定・損切りの値幅も極めて小さいです。高いレバレッジをかけ、ハイリスクなため高度な知識と技術が要求されます。予想が外れた場合の損切りもすばやく行う必要があります。